【セキュリティーショー2015】エントリーユーザーへ配慮したクラウド管理型ネットワークカメラソリューション(ディーリンクジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

【セキュリティーショー2015】エントリーユーザーへ配慮したクラウド管理型ネットワークカメラソリューション(ディーリンクジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 3月3日から6日にかけて開催されるセキュリティショー2015にて、台湾に拠点を置き、世界66か国で事業展開するD-Linkの日本法人・ディーリンクジャパンがブースを出展する。

 今回の出展では、1月からサービスを開始したクラウド管理型ネットワークカメラソリューション「mydlink」を展示。本ソリューションは、用途に合わせてカメラの種類と台数を選択し、録画用のクラウドNVRを導入するだけで映像監視システムを構築できるというもの。エントリーユーザーを配慮しているため、設定が簡単で、ウィザードに従って3ステップを踏むだけで遠隔モニタリングを可能にする。

 カメラは、いずれもクラウド対応のHD画質で、ドームカメラ(29,800円)、Mini-Bulletカメラ(39,800円)、パン・チルトカメラ(39,800円)の3種類。録画用のクラウド対応NVRも39,800円となっている(それぞれ標準価格で税別)。また、いずれのカメラも赤外線照明暗視機能を有している。

 mydlinkクラウドの利用は無料。パソコンはもちろんのこと、専用アプリ「mydlink Lite」(無料・iOS/Android対応)を使うことで、スマホやタブレットからの監視が可能になる。

【セキュリティショー2015 見どころ】ディーリンクジャパン、初心者向けクラウドIPカメラ

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×