ニンテンドー3DSの本体更新を実施、マジコンの機能を制限する対策も(任天堂) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

ニンテンドー3DSの本体更新を実施、マジコンの機能を制限する対策も(任天堂)

製品・サービス・業界動向 業界動向

2月3日にニンテンドー3DSの本体更新が実施され、現行バージョンが9.5.0-22Jになりました。

今回の更新による主な変更点は「システムの安定性や利便性の向上」なため、ユーザーにとっては特に目立った立った変化はありません。

本体機能の更新は、インターネットに接続することにより自動的にダウンロードされますが、「本体設定」→「その他の設定」→「本体の更新」からも行うことが可能。 しかしこちらもインターネットへの接続が必要となります。

なおこの更新で、SDカードへROMをコピーすることができるマジコン「Gateway flashcard」の機能を制限する対策がとられたとの報告が海外であがっています。 マジコンとの戦いはいたちごっこな面はあるものの、対策は着実に行われている模様です。

3DSの本体更新バージョン9.5.0-22Jが配信開始

《菜種@INSIDE》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×