最新の攻撃情報やブラックIPリストをデータベース化しサイバー攻撃への対策精度をさらに向上(Capy) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

最新の攻撃情報やブラックIPリストをデータベース化しサイバー攻撃への対策精度をさらに向上(Capy)

 Capyは2日、不正ログインをはじめとするサイバー攻撃への対策精度をさらに向上させる最新機能「Capyリアルタイムブラックリスト」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 Capyは2日、不正ログインをはじめとするサイバー攻撃への対策精度をさらに向上させる最新機能「Capyリアルタイムブラックリスト」の提供を開始した。

 同社が提供している「Capyキャプチャ」は、ログイン時の認証をパズルやイラスト等をドラッグすることによって、スパムボットなどのパスワードリスト攻撃を防ぐ認証システム。新機能「Capyリアルタイムブラックリスト」では、最新のWebサイトに対する攻撃情報やブラックIPリスト等をデータベース化して共有。高頻度でアップデートすることで不正ログイン検知の精度を向上させている。

 また、API経由で簡単にアクセスでき、複雑な実装やメンテナンスは一切不要な点が特徴だ。料金はサービスの表示回数に応じた個別見積もりとなり、30日間の無料トライアルなども提供している。

不審なIPアドレスを検知する「Capyリアルタイムブラックリスト」の提供開始

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×