同軸ケーブルでフルHD映像を伝送できる防犯カメラを発売(TOA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

同軸ケーブルでフルHD映像を伝送できる防犯カメラを発売(TOA)

 TOAは防犯カメラ「HD-CVシリーズ」を拡充し、同軸ケーブルでフルHD映像を伝送できるコンビネーションカメラ2機種を1月30日に発売した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 TOAは防犯カメラ「HD-CVシリーズ」を拡充し、同軸ケーブルでフルHD映像を伝送できるコンビネーションカメラ2機種を1月30日に発売した。

 コンビネーションカメラはズームレンズ、旋回台などを一体化したモデルとなる。1920x1080ピクセルのフルHD映像を同軸ケーブルで伝送する。光学30倍ズームと12倍電子ズームにより、最大360倍の高倍率ズーム撮影に対応する。

 屋内用の「H-C1501」と、屋外用の「H-C1701」。カメラ本体の実売予想価格は50~60万円代前半となり、販売台数は計450台を見込んでいる。

同軸ケーブルでフルHD映像を配信できる防犯カメラが発売

《小菅@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×