盗難防止だけでなく津波被害などの災害記録も目的に防犯カメラを設置(福岡県行橋市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

盗難防止だけでなく津波被害などの災害記録も目的に防犯カメラを設置(福岡県行橋市)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 福岡県行橋市の稲童漁港では、係留している漁船から商品である魚介類や燃料が盗まれる事件が頻発しているため、行橋市が漁港に防犯カメラを設置した。深夜の稲童漁港では水揚げされた魚介類などだけでなく、停車中の車への車上荒らし、ガソリン盗難などの被害があった。

 今年になってから特に被害件数が増加しており、行橋市は漁協からの要請によって、10月に4台の防犯カメラを設置。工事費100万円は福岡県と行橋市で半分ずつ負担している。また、防犯カメラは盗難防止だけでなく、津波被害などの災害記録も目的としている。

漁港での魚や燃料の盗難を受け、行橋市(福岡県)が防犯カメラを設置

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×