防犯カメラの設置及び運用に関するガイドラインを策定、設置目的、運用方法、秘密保持などを明確に開示(香川県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドラインを策定、設置目的、運用方法、秘密保持などを明確に開示(香川県)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 香川県は防犯カメラの設置及び運用に関するガイドラインを10月1日に策定し、県のWebサイトなどで公開した。

 各自治体が防犯カメラを運用する際には、プライバシーや情報漏洩などに関する規定を策定していることは多いが、今回、香川県は設置目的、運用方法、秘密保持などに関する規定を明確に開示して、自治体以外が防犯カメラを設置した場合の運用要領例なども公開している。

 例えば防犯カメラの設置場所から、設置表示、管理責任者の指定、秘密保持、保存期間の限定など、基本事項が細かく策定されている。プライバシー面では法令に基づき、生命や安全、公共利益で緊急の必要性がある場合、捜査機関などからの照会がない限り、目的外利用やプライバシーの侵害が行われないよう配慮している。

香川県が防犯カメラの設置・運用に関する指針を公開

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×