【防犯システム01】監視カメラを中心とした防犯システムはここ数年で大きく性能アップ | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

【防犯システム01】監視カメラを中心とした防犯システムはここ数年で大きく性能アップ

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ひと言で「防犯システム」といっても、その定義や内容は多岐に渡る。

 文字通り「防犯」のための「システム」であればさまざまなものが含まれるが、そもそも「防犯」という言葉自体、非常に幅広い意味を持っている。

 各種の「カギ」「センサー」「監視カメラ」は真っ先に含まれるものだし、最近ではこれらを統合したシステムで運用される場合も多い。

 中でも一般的に多用されているのが「防犯カメラ」、つまり「監視カメラ」だ。

 警戒したい場所に設置して撮影を行うもので、基本的に24時間365日撮影しっぱなしで運用される。もちろん、1台だけでなく複数のカメラを設置することも多い。撮影した画像はハードディスク(HDD)などに記録され、画面にはカメラ番号や撮影日時(タイムスタンプ)が同時に写し込まれる。管理施設の表示モニターに複数のカメラの画像を分割して表示できるタイプも多い。

 また、ここ数年で大容量HDDの価格が下がったこともあり、中には数か月~数年間もの期間をまるまる記録できるモデルも珍しくない。例えば、食品業界では賞味期限内の生産工程をまるまる保存しようとする動きが広まっているのだ。

 カメラ自体の性能アップも見逃せない。 カメラのスペックを考えると、スマホのカメラやデジカメと同じく、解像度を上げた高画質化や暗所撮影に適した高感度化などはその筆頭といえる要素になる。

 例えば、何かあった時に証拠として使う場合、画面の一部を切り出して拡大できると証拠能力が著しく向上する。最近では小型カメラでもフルHD画質(1980×1080ピクセル)は珍しくないが、高画質化は記録容量と相反関係にあるのが悩みどころでもある。

 また、証拠が必要となるような事案は夜間に発生することが多く、暗い状況でもできるだけ鮮明に撮れることが望ましい。数年前は高感度な映像素子はあまりなく、またあったとしても高価で、赤外線投光機を組み合わせて暗所に対応していた。最近では補助光なしで暗所撮影が可能なカメラも登場している。

 つまり、監視カメラを中心とした防犯システムは、ここ数年で大きく性能アップしているということ。カメラも記録装置も、その両方が進化しているので、この「防犯システムNAVI」では最新の動向を報告する予定だ。

防犯システムの基本 Vol.1~防犯システムとは?

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

  10. 攻撃者を偽のエリアに誘導するディセプション技術を搭載する統合EDRを発表(シマンテック)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×