画像データを残さずスマートデバイスのカメラ機能を安全に業務活用(ジェーエムエーシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

画像データを残さずスマートデバイスのカメラ機能を安全に業務活用(ジェーエムエーシステムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本能率協会グループのジェーエムエーシステムズは5日、セキュリティに配慮しつつ、スマートデバイスを用いた画像活用が可能なソリューション「KAITO(カイト)・セキュア・カメラ」の販売を開始した。

 「KAITO・セキュア・カメラ」は、スマートデバイスで撮影した画像を、メモリ上から直接、暗号化しながら分割してアプリケーション独自の領域に保存するソリューション。さらに自動的にサーバに転送し、完了すると画像データを自動的に削除する。そのため、画像データは端末に残らず、スマートデバイスのカメラ機能を安全に業務活用することが可能となっている。これにより、端末の紛失や経由PCからの漏えいといった不安に対処可能とのこと。

 シーンとしては、不動産担保物件の撮影、施工現場での作業報告、事故調査時現場の撮影、本人確認書類の撮影、訪問医療介護における患者の記録といった利用が想定されている。

情報漏えい対策の「KAITO・セキュア・カメラ」が販売に

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×