「STREAM X 」ユーザーへ最新ソフトウェアへの更新を呼びかけ、3月11日をもってテザリング機能が利用不可に(イー・アクセス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

「STREAM X 」ユーザーへ最新ソフトウェアへの更新を呼びかけ、3月11日をもってテザリング機能が利用不可に(イー・アクセス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 イー・アクセスは6日、同社のAndroidスマートフォン「STREAM X (GL07S)」(Huawei製)について、必ず最新のソフトウェアに更新して利用するようユーザーに呼びかけた。

 「STREAM X (GL07S)」に関しては、1月21日に最新ソフトウェアのアップデートを行っている。その更新を実行しておかないと、3月11日をもってテザリング機能が利用できなくなるとしている。

 最新ビルド番号は「U9700LV100R001C26B211」。「STREAM X (GL07S)」ユーザーは、「設定」→「すべて」→「端末情報」→「ビルド番号」で確認してほしいと呼びかけている。

 「STREAM X(GL07S)」は2013年3月に発売されたAndroidスマートフォン。ディスプレイは4.7インチ(1,280×720ピクセル)で、OSはAndroid 4.1、1.5GHz駆動のクアッドコアCPU、メモリ1GB、32GBのストレージを搭載する。

イー・アクセス、「STREAM X (GL07S)」ユーザーにソフト更新呼びかけ……テザリング不能の可能性

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×