国連の専門機関である国際電気通信連合との連携を発表、グローバル規模でサイバー脅威に対抗するための最新情報を提供(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.23(木)

国連の専門機関である国際電気通信連合との連携を発表、グローバル規模でサイバー脅威に対抗するための最新情報を提供(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロは11月25日、情報通信分野における国連の専門機関である国際電気通信連合(ITU:International Telecommunication Union)との連携を発表した。バンコクで開催された「ITU Telecom World 2013」にて調印を行った。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロは11月25日、情報通信分野における国連の専門機関である国際電気通信連合(ITU:International Telecommunication Union)との連携を発表した。バンコクで開催された「ITU Telecom World 2013」にて調印を行った。

 ITUは、約150年間にわたり、グローバルで無線周波数帯の割り当てコーディネート、衛星軌道割り当てにおける国際協力の促進、発展途上国の通信インフラの改善、幅広い通信システムのシームレスな相互接続を促進するための国際標準の制定など、さまざまな活動を行っている。また2007年より、サイバーセキュリティに関する新しい取り組み「Global Cybersecurity Agenda」(GCA)を開始している。

 今後トレンドマイクロは、GCAをサポートし、ITUの193の加盟国、および700以上のプライベートセクターメンバーや学術機関に対し、グローバル規模でサイバー脅威に対抗するための最新情報を提供する。グローバル脅威レポートや、世界中に広がるTrendLabsのリサーチャーネットワーク、脅威アラートのアップデートなど、独自の専門性とリサーチをITUに提供する。

 トレンドマイクロとITUは、主要なインフルエンサーに対して、また、定期的な会合において、提携して情報を展開。必要に応じて、重要な情報を告知するためのITUのセキュアコミュニケーションポータル「ESCAPE」にてリアルタイムでアラートを発する。

トレンドマイクロ、国連の専門機関「ITU」と連携……加盟国に情報配信

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×