Twitter上のつぶやきを解析して“ポジティブ”“ネガティブ”“ニュートラル”の割合グラフでキーワードの印象を表示(ヤフー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

Twitter上のつぶやきを解析して“ポジティブ”“ネガティブ”“ニュートラル”の割合グラフでキーワードの印象を表示(ヤフー)

 ヤフーは12日、Yahoo!検索の「リアルタイム検索」において、新機能「つぶやき感情分析(β版)」を公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ヤフーは12日、Yahoo!検索の「リアルタイム検索」において、新機能「つぶやき感情分析(β版)」を公開した。

 「つぶやき感情分析(β版)」は、Twitter上のつぶやきを解析して、検索したキーワードがどんな印象を持たれているかを、“ポジティブ”“ネガティブ”“ニュートラル”の割合グラフで表示する機能。 対象となる単語を検索すると、PC版では画面右側の欄に表示される。スマートフォンでは「注目度」のタブから利用可能となっている。

 たとえば「東京オリンピック」について検索したところ、ポジティブ40%、ネガティブ15%となり、ポジティブな意見の方が多いという結果になった。ポジティブなつぶやきには「楽しい、」「嬉しい」「感動」などの言葉が見られ、ネガティブなワードには「反対」「嫌だ」といった言葉が挙がった。また「iPhone5s」「iPhone5c」について検索したところ、「iPhone5s」はポジティブ16%、ネガティブ13%、「「iPhone5c」はポジティブ33%、ネガティブ23%となり、「iPhone5c」のほうがポジティブに捉えられているという結果となった(いずれも調査日時:9月12日10時時点)。

 ベータ版で対象となる検索キーワードは11,000語。よく検索されるキーワード10,000語と、・その時に話題になっているキーワードTOP1,000語となっている(15分ごとに更新)。来春の公開を目指して、対象キーワードを一部に限定したβ版として試験的に提供する。正式版では、全てのキーワードを対象とし、機械学習を用いた解析手法で精度を向上させる予定だ。

その単語はどんな印象?……ヤフーリアルタイム検索、「つぶやき感情分析(β版)」公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×