モバイルWi-Fiルータに不具合、ソフトウェア更新の提供を開始(ソフトバンクモバイル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

モバイルWi-Fiルータに不具合、ソフトウェア更新の提供を開始(ソフトバンクモバイル)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソフトバンクモバイルは9日、今日発売となったモバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi 203Z」に不具合があることを公表。改善のためのソフトウェア更新の提供を開始した。

 不具合は、一部のポータブルデバイスで接続できないことがあることが確認されたというもの。加えて無線LAN機器との接続性の向上、海外ローミング先でのネットワークとの接続性の向上も図られる。同型機のイー・アクセスのモバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi GL09P」もソフトが提供される。

 更新はルータ本体だけで行え、PCなどは不要。本体に装備してあるディスプレイで指示に従って行い、詳しい手順はソフトバンク、イー・アクセスHPで案内されている。更新にかかる時間は約10分で、その間は機器は利用できない。

ソフトバンク、今日発売のモバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi 203Z」に不具合……更新ソフト提供

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×