「迷惑電話チェッカー」のモニター利用の募集を行う自治体を公募、100台を2年間無償提供(ウィルコム他) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「迷惑電話チェッカー」のモニター利用の募集を行う自治体を公募、100台を2年間無償提供(ウィルコム他)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄とトビラシステムズは8日、ウィルコム「迷惑電話チェッカー<WX07A>」のモニター利用の募集を行う自治体(市区町村)を公募することを発表した。

 利用期間での迷惑電話番号情報の収集などに、協力する自治体を全国の市区町村から公募するもので、1自治体に対して100台を2年間無償提供する(101台目以降は有償提供)。提供期間終了後も、継続利用を希望する場合は、月額料金700円でモニターは利用可能となる。

 募集期間は8月8日~9月30日で、予定数に到達次第終了する。

 「迷惑電話チェッカー<WX07A>」は、迷惑電話番号情報をユーザー全員で共有し、今まで着信がなかった番号からの迷惑電話でも、自動で判別することが可能。

ウィルコム「迷惑電話チェッカー」、自治体に100台を2年間無償提供

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×