職業体験プログラム「セキュリティの最前線2013」を開催、小学5・6年生が対象(FIF、ALSOK) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

職業体験プログラム「セキュリティの最前線2013」を開催、小学5・6年生が対象(FIF、ALSOK)

 フューチャー イノベーション フォーラム(FIF)とALSOKは、8月7日に小学5・6年生を対象とした職業体験プログラム「セキュリティの最前線2013」を開催。6月11日よりFIF公式サイトで参加者の募集を開始する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 フューチャー イノベーション フォーラム(FIF)とALSOKは、8月7日に小学5・6年生を対象とした職業体験プログラム「セキュリティの最前線2013」を開催。6月11日よりFIF公式サイトで参加者の募集を開始する。

 FIFは子どもたちを対象とした職業体験プログラムや、次世代リーダーの育成を目的としたワークショップの開催などに取り組んでいる団体で、2006年の設立以来、子どもたちにより早い段階で働くことや仕事について考えてもらえるよう、企業のトップや社員と直接対話できる場を提供している。

 今回の職業体験プログラムは、企業と連携して社会貢献活動を行うFIFとALSOKが共同で企画・運営するもので、今回が初めての開催となる。参加した子どもたちには、ALSOKの青山幸恭社長をはじめ現場の社員と直性対話する場が設けられている。

 当日は東京都全域、約9万件の警備システムを24時間体制で監視しているALSOKの基地局「東京ガードセンター」を見学し、画像監視を利用した機械警備システムを使って警備の業務を体験する。また、ALSOKが2012年4月から全国の小学校で実施しているAEDの操作体験や警備ロボットの見学を行い、人と機械の力で社会の安全を守るしくみについて学習する。

◆セキュリティの最前線2013
日時:8月7日(水)10:00~15:00
会場:ALSOK本社(東京都港区)ほか
対象:小学5・6年生
定員:20名 ※応募者多数の場合は抽選
応募期間:6月10日(月)~7月15日(月)
応募方法:FIF公式サイトの申込専用ページにて受付
プログラム:
・東京ガードセンターで警備の仕事を学習
・機械警備の体験、AEDの操作体験
・警備ロボットの見学
・ALSOK青山社長との質疑応答

小学5・6年生対象、職業体験プログラム「セキュリティの最前線」参加者募集中

《水野 こずえ@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×