SDHCメモリーカード4種類を発表、屋外での厳しい環境下での使用に適し耐久性に優れる(パナソニック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

SDHCメモリーカード4種類を発表、屋外での厳しい環境下での使用に適し耐久性に優れる(パナソニック)

 パナソニックは16日、Class 6対応のSDHCメモリーカード4種類を発表した。防水など6つの「プルーフ機能」搭載で耐久性に優れるモデル。発売は6月14日。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 パナソニックは16日、Class 6対応のSDHCメモリーカード4種類を発表した。防水など6つの「プルーフ機能」搭載で耐久性に優れるモデル。発売は6月14日。

 価格はオープンで、予想実売価格は32GBの「RP-SDLC32GJK」が6,000円前後、16GBの「RP-SDLC16GJK」が3,500円前後、8GBの「RP-SDLC08GJK」が2,000円前後、4GBの「RP-SDLC04GJK」が1,800円前後。いずれもClass 6に対応する。

 防水、耐静電気、耐磁、対エックス線、耐衝撃、耐温度といった「プルーフ機能」を搭載。屋外での厳しい環境下での使用などに適する耐久性に優れている。 また、カード内部の破損により、万が一過電流や異常熱が発生する場合があっても、「ヒューズ機能」が作動してSDカード本体の発熱や発火を防ぎ、使用機器を守る。

パナソニック、防水、耐衝撃など6つの「プルーフ機能」搭載で耐久性に優れるSDHCカード

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×