防犯ブザー付き3Dセンサー搭載歩数計を発売、広範囲に危険を知らせることが可能(タニタ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

防犯ブザー付き3Dセンサー搭載歩数計を発売、広範囲に危険を知らせることが可能(タニタ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 タニタは、公益財団法人全国防犯協会連合会の推奨認定を受けた、防犯ブザー付き3Dセンサー搭載歩数計「FB-736」を4月17日に発売した。

 同商品は、ここ数年、顕著になってきた、生活者の防犯意識の高まりに対応し、認定基準のひとつである大音量(85デシベル)の警報音を出せるようにしたのが特徴である。この音量は住宅用火災警報器の警報音よりも大きく、広範囲に危険を知らせることができる。また、使いやすさにもこだわっており、計測モードの切り替えで、ウォーキングのような連続した歩行だけではなく、家事など屋内での短時間の歩行にも対応できるようになっている。

 同社の3Dセンサー搭載歩数計は、連続歩行の歩数をカウントするため7秒以上の安定した動きがある場合に計測がスタートする方式を採用している。そのため、家事活動などの短時間の歩行は計測されにくいことがあった。同商品はウォーキングだけでなく家事活動が中心の生活スタイルの方でも歩数をカウントできるように、動きはじめて4秒が経過した時点から計測がスタートする方式を新たに追加している。2つの計測モードを搭載したことで、生活スタイルに合わせた適切な歩数管理ができるようになった。

 計測・表示項目は歩数、歩行距離、歩行時間、消費カロリー、脂肪燃焼量などで、メモリーはいずれも7日間。また、1日の目標歩数に対する達成度を5段階で視覚的に表示するほか、1週間の累計歩数とその達成度を4週間前まで表示する。

 価格は4,200円でカラーはピンク、グリーン、パープル、グレーの4色を用意している。

タニタ、防犯ブザー付き歩数計を発売

《浦和 武蔵》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×