遠隔操作ウイルスにも「4重の防御」で対応(キングソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.19(日)

遠隔操作ウイルスにも「4重の防御」で対応(キングソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 キングソフトは23日、「KINGSOFT Internet Security」の新バージョンとして、総合セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security 2013」を公開した。

 「KINGSOFT Internet Security 2013」は新開発のクラウド型スキャンエンジン「Blue Chip 2」を搭載し、クラウドサーバーとの連携を強化。また、ウイルススキャン時の処理とパターンファイルの保存をクラウドで行うことで、ウイルスの処理能力が大幅に向上するとともに、パソコンへの負荷を軽減したとのこと。昨今話題となっている遠隔操作ウイルスにも「4重の防御」で対応し、既知のリスクだけでなく未知のリスクに対する備えも可能だという。Windows 8 にも対応する。

 最新のクラウド型スキャンエンジン「Blue Chip2」は、同社環境でのテストの結果、スキャン時のCPU使用率は42%(前年比約20%改善)、スキャン速度は前年比26%高速化と、軽快な動作を実現。また、各種のプログラムコードを見直すことで、平常動作時のCPU負荷、メモリ使用量、HDD使用量を低減することに成功した。

 従来クライアントソフトで行なっていた処理動作の大部分をクラウドサーバーへ移動させ、パソコンの負荷を軽減したことに加え、クラウドサーバーの増強により、ウイルス処理能力は約1,500万件/1日、アクセス受入能力は約40億回/1日と、ともに前バージョンの2倍に向上した。さらに、インストーラーのファイルサイズが前バージョンの約半分の18MBに軽量化され、プログラムモジュールの大幅な改善により、インストールの所要時間が約15秒間と業界最速レベルとなっている。

 「4重の防御」だが、一つは「防御」機能。外部からのファイルのダウンロードや移動・保存されるファイルを監視し自動的にスキャン。通常のウイルスに加え、遠隔操作ウイルスなどのウイルスプログラムが検出された時点で検出し、駆除する。二つ目は「リアルタイムガード」機能。メモリ領域を常時監視して、ウイルスプログラムや遠隔操作ウイルスなどがパソコン内で実行されようとした瞬間にこれを検出し、駆除する。三つ目は「アクセス阻止」機能。「アクセス阻止」画面では、遠隔操作に使用される設定項目をスキャンし、危険な設定を修復することができ、不正な遠隔操作を防ぐことができる。四つ目は「ポップアラート」機能。レジストリ項目その他のシステムの設定項目を常時監視し、システムの設定が変更される前に警告を表示することで、遠隔操作ツールによる設定変更を阻止する。

 同社のクラウドサーバーには2012年10月現在でウイルスプログラム識別用のパターンファイルがおよそ9,000万件保存されており「KINGSOFT AntiVirus 2013」ユーザーは、随時この情報を利用することが可能。また、24時間リアルタイムで3万件~4万件のパターンファイルが更新されているといい、あらゆるタイプのウイルスプログラムを検出し、遠隔操作ウイルスなども他のウイルスプログラムと同様に駆除されるとしている。

 ダウンロードの監視、USB 保護を行い、インスタントメッセンジャーなど外部からの侵入経路を監視し、ウイルスプログラム侵入前にこれを駆除する「外部コンテンツガード」機能。インスタントメッセンジャーやインターネット電話サービスなどで使用されているWEBカメラ使用時に、警告を表示することでカメラの不自然な動作をブロックし、ユーザーに安心安全なコミュニケーションの環境を提供する機能。「管理者権限のパスワード」、「日付と時刻」、「リモートアクセス設定」などの設定項目を監視し、不必要な動作を阻止する機能。などの機能を追加することも可能。

 50GBまで利用可能なオンラインストレージ「KDrive」も同梱されている。

 価格は、『KINGSOFT Internet Security 2013』広告付が無料、『KINGSOFT Internet Security 2013』1年版が980円、『KINGSOFT Internet Security 2013』無期限版が1,980円となっている。動作環境は、OS:Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP (それぞれ32Bit版、64Bit版)。CPU:1Ghz以上(Windows 8、Windows 7、Windows Vista は2Ghz以上)。メモリ:1GB以上(Windows 8、Windows 7、Windows Vista は2GB以上)。HDD:200MB以上の空き領域。

高速化、軽量化が進化した「KINGSOFT Internet Security 2013」公開

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  6. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  7. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  10. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×