インフルエンザ流行警報発令、定点あたり32.2人(東京都) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

インフルエンザ流行警報発令、定点あたり32.2人(東京都)

 東京都は2日、都内にインフルエンザの流行警報を発令した。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
 東京都は2日、都内にインフルエンザの流行警報を発令した。

 2012年第4週の都内定点医療機関からの患者報告数が、1医療機関あたり32.2人となり、流行警報基準に達したため。この報告数は、1999年の感染症発生動向調査以来、2004~2005年シーズンに次いで2番目に多い数値とのこと。都では、手洗いを徹底し人混みを避けるなど、予防を心がけるよう呼びかけている。

 また、全国的にも患者報告数は増加を続けており、2012年第4週の定点当たり報告数は35.95人。前シーズンの最高値である定点当たり報告数31.88人を上回った。インフルエンザウイルスの検出はAH3亜型(A香港型)が最も多く、B型、AH1pdm09の順となっている。

東京都、インフルエンザ流行警報発令!……定点あたり32.2人

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×