インフルエンザ流行警報発令、定点あたり32.2人(東京都) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

インフルエンザ流行警報発令、定点あたり32.2人(東京都)

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース

 東京都は2日、都内にインフルエンザの流行警報を発令した。

 2012年第4週の都内定点医療機関からの患者報告数が、1医療機関あたり32.2人となり、流行警報基準に達したため。この報告数は、1999年の感染症発生動向調査以来、2004~2005年シーズンに次いで2番目に多い数値とのこと。都では、手洗いを徹底し人混みを避けるなど、予防を心がけるよう呼びかけている。

 また、全国的にも患者報告数は増加を続けており、2012年第4週の定点当たり報告数は35.95人。前シーズンの最高値である定点当たり報告数31.88人を上回った。インフルエンザウイルスの検出はAH3亜型(A香港型)が最も多く、B型、AH1pdm09の順となっている。

東京都、インフルエンザ流行警報発令!……定点あたり32.2人

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×