大学3年生を対象に「ソーシャルリクルーティング」に関する調査を実施(電通PR) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

大学3年生を対象に「ソーシャルリクルーティング」に関する調査を実施(電通PR)

 電通パブリックリレーションズ(電通PR)は31日、就職活動中の大学3年生に対して実施した「ソーシャルリクルーティングに関する調査」の結果を公表した。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
 電通パブリックリレーションズ(電通PR)は31日、就職活動中の大学3年生に対して実施した「ソーシャルリクルーティングに関する調査」の結果を公表した。

 同調査はインターネットを使ったアンケート形式で、実施時期は2012年1月7日~11日。関東1都3県および関西の2府2県に居住する男女それぞれ150人の大学生から回答を得た。実際にどのくらいの学生が就職活動にSNSを利用しているかを聞いたところ、約半数(47.3%)が、SNSを利用していることが判明した。昔から学生の就職活動を支えてきた「大学の就職課・キャリアセンターに行く」(44.7%)を上回ったのは、ソー活時代を象徴していると言える。

 利用しているSNSの種類は、「Twitter」(34.3%)と「Facebook」(31.7%)が拮抗しており、就職活動のツールとして浸透してきている様子も伺えた。SNSを利用する理由としては、1位「少しでも企業の情報がほしいから」(54.2%)、2位「企業の雰囲気や風土を具体的に知ることができるから」(44.4%)に続き、3位「使える手段はすべて使いたいから」(30.3%)となっており、学生が、より多くの詳しい企業情報を求めていることが判明した。なお、、SNSの利用方法は、カキコミなどを読むだけ派が49%なのに対し、読み書き両方派は43%であった。

 SNSを利用して実感したメリットに関しての質問には、「幅広い情報の取得」(22件)と「情報のいち早い入手」(20件)がほぼ横並び。特定の情報発信者をマークすることで、気になる情報がリアルタイムで入手できるというSNSならではの特徴が、“効率的に有益な情報を入手したい”という就活生のニーズに合致した結果と、同調査では結論づけている。

電通PR、大学3年生を対象に「ソーシャルリクルーティング」に関する調査を実施

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×