堺港火力発電所を設備不具合で手動停止、運転再開時期は未定(関西電力) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

堺港火力発電所を設備不具合で手動停止、運転再開時期は未定(関西電力)

 関西電力は30日、同社の堺港発電所3号機の運転を同日未明に手動で停止したと発表した。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
 関西電力は30日、同社の堺港発電所3号機の運転を同日未明に手動で停止したと発表した。

 同発電所3号機では、需要の減少にあわせて停止操作を実施していたところ、停止時に蒸気の圧力を調整する中圧タービンバイパスが動作しなかったため、手動にて運転を停止。その後、中圧タービンバイパス弁の開閉確認を行い、動作は確認されたものの、原因究明のため分解点検を実施する。点検期間については未定としており、できるだけ早期に運転再開できるようにしたいとしている。

関電、堺港火力発電所を手動停止……設備に不具合、運転再開時期は未定

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×