IEのシェアがついに40%割れ(米StatCounter) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

IEのシェアがついに40%割れ(米StatCounter)

 Webサイトのアクセス解析ツールからブラウザシェアを調査している米StatCounterの最新のデータによると、インターネットエクスプローラ(IE)のシェアが初めて40%を割り込んだ。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Webサイトのアクセス解析ツールからブラウザシェアを調査している米StatCounterの最新のデータによると、インターネットエクスプローラ(IE)のシェアが初めて40%を割り込んだ。

 インターネットブラウザはWindowsに付属するIEが長いあいだ圧倒的なシェアを獲得し続けている。しかし、近年はFirefoxやGoogle Chromeの台頭によりIEのシェアは一貫して下がり続けていた。

 StatCounterのデータによると、2011年11月のIEのシェアは40.63%で、12月には38.65%となり、ついに40%を割り込んだ。また、長いあいだシェア2位を守り続けていたFirefoxも人気が低下している。IE、Firefoxからシェアを奪い取っているのがGoogle Chromeで、2011年1月には15%程度だったが12月には27.27%となり、シェア2位の座を獲得している。

 StatCounterの統計は300万以上のWebサイトから収集した月間15億ページビューデータから集計している。

IEのシェアがついに40%割れ StatCounterのブラウザ調査で判明

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×