【地震】東電、福島第一原発 放射性滞留水の回収・処理の取組みを動画で紹介 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

【地震】東電、福島第一原発 放射性滞留水の回収・処理の取組みを動画で紹介

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース

 東京電力は、福島第一原子力発電所における放射性滞留水の回収と処理の取組みについて説明した会見を動画で公開した。

 1〜4号機の原子炉建屋やタービン建屋には、およそ9万立方メートルの高濃度滞留水があるとされており、これを水処理装置などによって納車能・塩分を除去してその一部を原子炉の冷却水として再利用している。

 現在、1〜4剛毅の高濃度滞留水の処理水(淡水・廃液)と5・6号機の低濃度滞留水ついてはタンクに保管・管理しているという。

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×