スマートデバイス向けセキュリティ管理サービスにアプリ管理など機能強化(富士通BSC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

スマートデバイス向けセキュリティ管理サービスにアプリ管理など機能強化(富士通BSC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は10月7日、スマートデバイス向けセキュリティ管理サービス「FENCE-Mobile RemoteManager」に、Android端末のアプリケーション管理機能などを追加し、11月よりサービス提供を開始すると発表した。また、無料トライアルサービスも実施する。FENCE-Mobile RemoteManagerは、企業で利用されるさまざまなスマートデバイスをマルチキャリア・マルチデバイス対応で一元管理するクラウド型のセキュリティ管理サービスで、利用料金は1デバイスあたり315円から。

第1弾として、2011年4月よりAndroid搭載スマートフォン・タブレット向けにサービス提供を開始している。今回新たに、Android端末にインストールされたアプリケーション情報(名称、バージョン、サイズなど)を取得、管理サーバへ収集する機能や、管理者が指定したアプリケーションをAndroid端末へ配信する機能、紛失・盗難対策に「位置情報取得」の追加、URLフィルタリング機能などが追加されている。
(吉澤亨史)

http://www.bsc.fujitsu.com/release/2011/1007.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×