3つのセキュリティ対策を一度に実現する情報漏えい製品を提供開始(日本ユニシス) | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

3つのセキュリティ対策を一度に実現する情報漏えい製品を提供開始(日本ユニシス)

日本ユニシス株式会社は5月19日、既存の共有ファイルサーバの構成を変更することなく、3つのセキュリティ対策で安全・確実に重要な情報を守るセキュリティ製品「SecureTrunk」を情報セキュリティサービスシリーズ「iSECURE」に追加し、同日から提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本ユニシス株式会社は5月19日、既存の共有ファイルサーバの構成を変更することなく、3つのセキュリティ対策で安全・確実に重要な情報を守るセキュリティ製品「SecureTrunk」を情報セキュリティサービスシリーズ「iSECURE」に追加し、同日から提供開始したと発表した。本製品は、企業内で共有するファイルサーバ上のファイルに対し認証強化、アクセス制御、データの暗号化の3つのセキュリティ対策を一度に実現することで、情報漏えいを防止するというもの。

具体的には、専用USBキーによるユーザ認証、利用ユーザ別のアクセス制御、データの自動暗号化を実現する。またこのほか、SecureTrunkが管理するフォルダ内のファイルに対して、ユーザがいつ、どんな操作を行ったかを知ることができるアクセスログ採取・閲覧機能や、利用者の人事異動時にアクセス権限の設定の一括変更ができる設定変更機能などの管理者向け機能により、システム管理者の負担を低減する。さらに、クライアントPCと共有ファイルサーバ間をVPN接続することで、社外からのリモートアクセス環境でも利用できる。
(吉澤亨史)

http://www.unisys.co.jp/news/nr_110519_isecure.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×