偽装されていないと判定したメールの識別表示をWebメール上で開始(ニフティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

偽装されていないと判定したメールの識別表示をWebメール上で開始(ニフティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ニフティ株式会社は5月16日、送信ドメイン認証によって送信元メールアドレスが偽装されていないと判定したメールの識別表示を「@nifty Web メール」上で同日より開始したと発表した。この識別表示は、利用者が安心して利用できるメール環境の確保を目指して実施するもの。送信ドメイン認証によって送信元メールアドレスが偽装されていないと判定したメールに対して、「メール一覧表示エリア」でアイコンを表示する。

また、送信ドメイン認証によって送信元メールアドレスが偽装されていると判定したメールに対しては、誤認によるクリックを防止するために「メール一覧表示エリア」でアイコンは表示せず、メール本文への警告表示を行う。識別表示はニフティからの各種お知らせメールに適用するほか、今後は「Japan DKIM Working Group」に参加している企業のうち、主に電子商取引などでメールを活用している企業と連携しながら、同社以外から配信されるメールにも識別表示を拡大させて行く予定だという。
(吉澤亨史)

http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/110516004025/1.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×