クラウド環境で多様なソフトにアクセスポリシーを自動設定する技術を開発(NEC) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

クラウド環境で多様なソフトにアクセスポリシーを自動設定する技術を開発(NEC)

日本電気株式会社(NEC)は1月11日、クラウド環境で多様なソフトウェアにアクセスポリシーを自動設定する技術を開発したと発表した。本技術により、セキュリティに関わる運用管理コストの大幅な削減と、セキュリティの強化を同時に実現できる。また、開発した技術を国際

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は1月11日、クラウド環境で多様なソフトウェアにアクセスポリシーを自動設定する技術を開発したと発表した。本技術により、セキュリティに関わる運用管理コストの大幅な削減と、セキュリティの強化を同時に実現できる。また、開発した技術を国際標準化団体「DMTF」の標準仕様として提案し、DMTFのメンバーである韓国電子通信研究院(ETRI)と共同で実証実験を行った。

具体的には、仮想サーバ上の多様なソフトウェアに対して、アクセスポリシーを一括して配付・設定できる管理ソフトウェアモデルを開発し、それに基づいた「ポリシー管理ソフトウェア」「ポリシー設定ソフトウェア」を開発した。本技術により、従来は個別のソフトウェアごとに行っていたアクセスポリシーの設定の自動実行が可能となり、システム管理者の手作業による負担を軽減するとともに、設定不備によるセキュリティ脆弱性を解消する。なお、本実験に用いたポリシー設定ソフトウェアは、ETRIを通じてLinuxオープンソースソフトウェアとして一般公開される予定だという。

http://www.nec.co.jp/press/ja/1101/1101.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×