ビルトインされた包括的セキュリティへ--統合後事業方針(EMCジャパンRSA事業本部) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

ビルトインされた包括的セキュリティへ--統合後事業方針(EMCジャパンRSA事業本部)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

110107rsaEMCジャパン株式会社RSA事業本部は、1月1日に発足した同事業本部の2011年の事業方針説明会を都内で行い、同事業本部長の山田秀樹氏(写真)が、従来の「セキュリティのRSA」から「セキュリティ、リスク、コンプライアンスを包括的に管理するRSA」を目指すと語った。

企業にはこれまで特定の脅威への個別対策として実施してきた多数のセキュリティソリューションや機器が導入されているものの、数が多く管理が煩雑で、セキュリティレベルのモニタリングが困難になっており、それをトータルで管理可能な製品を提供していくという。

同事業部は「企業内に多数存在するリスクの大小のアセスメントと優先順位付け」「複数のコンプライアンス要件間で重複する差分を明確化することによる対応範囲絞り込み」「スマートフォンを企業が活用する際のセキュアなアクセス提供」を企業の抱える課題として認識しており、その解決のため、「コントロールレイヤ(IDM、オンライン犯罪防止、DLP等)」「マネージメントレイヤ(SIEM、リスク評価、コンプライアンス管理)」2つのレイヤでアプローチする。マネージメントレイヤのGRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)製品として「Archer eGRC Suite」のリリースを2011年中に行う。(ScanNetSecurity)

http://japan.rsa.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×