のべ1152本の違法コピーソフト使用が発覚、和解金は総額1億9千万(BSA) | ScanNetSecurity
2021.10.26(火)

のべ1152本の違法コピーソフト使用が発覚、和解金は総額1億9千万(BSA)

ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は11月8日、メンバー企業と東京都所在のソフトウェア開発会社との間におけるビジネスソフトウェアの著作権侵害に関し、総額197,165,214円の和解が成立したと発表した。本件はBSAへの通報を端緒とする事案の和解総額として、過

製品・サービス・業界動向 業界動向
ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は11月8日、メンバー企業と東京都所在のソフトウェア開発会社との間におけるビジネスソフトウェアの著作権侵害に関し、総額197,165,214円の和解が成立したと発表した。本件はBSAへの通報を端緒とする事案の和解総額として、過去4番目に高額となる。

本件は、BSAが組織内違法コピーの問題解決のため設置している情報提供窓口への通報が端緒となり発覚したもの。当該ソフトウェア開発会社(A社)における著作権侵害の発覚後に、BSAメンバー企業の依頼により行われたA社による社内調査の過程で、「Adobe Acrobat」や「AutoCAD」「Microsoft Office」「Symantec AntiVirus」など、のべ1,152本という大量の違法コピーが発見されたという。

http://www.bsa.or.jp/press/release/2010/1108.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×