「mstmp」「lib.dll」の攻撃者はアフィリエイトで金銭を得ている可能性(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.01.28(木)

「mstmp」「lib.dll」の攻撃者はアフィリエイトで金銭を得ている可能性(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は10月29日、「mstmp」や「lib.dll」といったファイル名で拡散する不正プログラムの攻撃について、不正プログラムの解析により新たに判明した事実や、攻撃の目的とその対策方法を発表した。なお、同社サポートセンターへの問い合わせは減少傾向

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は10月29日、「mstmp」や「lib.dll」といったファイル名で拡散する不正プログラムの攻撃について、不正プログラムの解析により新たに判明した事実や、攻撃の目的とその対策方法を発表した。なお、同社サポートセンターへの問い合わせは減少傾向にあり、一連の不正プログラムによる被害は収束しているとみられるという。この攻撃は、Oracle Sun JDKおよびJREの脆弱性(CVE-2010-0094)を悪用するもの。

「lib.dll」というファイル名で拡散された「TROJ_EXEDOT.SMA」は、「sig」という拡張子を持つコンポーネントファイルを不正サイトからダウンロードすることが判明している。このコンポーネントを解析した結果、ユーザのインターネット使用状況を監視し、アクセス先のURLの中に特定の文字列が含まれていた場合、バックグラウンドで特定のURL(アフィリエイト関連のWebサイト)にアクセスすることが判明した。このことから本不正プログラムは、「Clicker」と呼ばれる不正プログラムが持つ機能を備えていることがわかる。ユーザを「クリッカー」に感染させることにより、不正プログラム作者はアフィリエイトで金銭を得ているものと推測されるという。

http://blog.trendmicro.co.jp/archives/3728
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×