OracleのWebサーバ製品にCSRFの脆弱性、修正パッチは公開済み(JVN) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

OracleのWebサーバ製品にCSRFの脆弱性、修正パッチは公開済み(JVN)

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月18日、Oracle社が提供する「Oracle iPlanet Web Server(旧称 Sun Java System Web Server)に、クロスサイトリクエストフォー

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月18日、Oracle社が提供する「Oracle iPlanet Web Server(旧称 Sun Java System Web Server)に、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が確認されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

Webサーバである「Oracle iPlanet Web Server 7.0U9 より前のバージョン」には、CSRF脆弱性が存在する。この問題が悪用されると、Oracle iPlanet Web Serverにログインした状態で悪意あるページを読み込んだ場合に、任意のインスタンスを停止されるなどの可能性がある。この脆弱性は、Oracleが10月15日に公開したアップデート「Oracle Critical Patch Update Advisory - October 2010」に修正パッチが含まれている。該当するユーザはアップデートするよう呼びかけている。

http://jvn.jp/jp/JVN50133036/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×