今後はシステム仮想化とともに論理サーバのセキュリティ管理需要が拡大(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

今後はシステム仮想化とともに論理サーバのセキュリティ管理需要が拡大(IDC Japan)

IDC Japan株式会社は10月12日、国内アイデンティ・アクセス管理とセキュリティ・脆弱性管理市場予測を発表した。これによると、2010年の国内アイデンティティ・アクセス管理ソフトウェア市場規模は前年比3.9%成長と2009年の同3.4%から上昇し、国内セキュリティ・脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan株式会社は10月12日、国内アイデンティ・アクセス管理とセキュリティ・脆弱性管理市場予測を発表した。これによると、2010年の国内アイデンティティ・アクセス管理ソフトウェア市場規模は前年比3.9%成長と2009年の同3.4%から上昇し、国内セキュリティ・脆弱性管理ソフトウェア市場の成長率は前年比プラス6.5%と前年のマイナス0.2%から改善すると予測している。

国内アイデンティティ・アクセス管理ソフトウェア市場ではシングルサインオン製品が好調で、今後も市場の牽引役になると予測、市場規模は2010年の516億円から2014年には618億円に拡大するとみている。国内セキュリティ・脆弱性管理ソフトウェア市場では、これまでの内部統制監査対策から情報漏えい対策やデータ保護のための投資に変わりつつあり、今後はシステムの仮想化とともに増大する論理サーバのセキュリティ管理需要が拡大すると予測、市場規模は2010年の210億円から2014年には265億円に達するとみている。

http://www.idcjapan.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×