Acrobat、Flashなどのゼロデイ攻撃が複数、9月度レポート(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.01.19(火)

Acrobat、Flashなどのゼロデイ攻撃が複数、9月度レポート(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は10月5日、2010年9月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。レポートによると、9月の不正プログラム感染被害の総報告数は1,128件で、8月の1,121件とほぼ変わらなかった。9月には、アドビ システムズの「Adobe Reader/Acrob

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は10月5日、2010年9月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。レポートによると、9月の不正プログラム感染被害の総報告数は1,128件で、8月の1,121件とほぼ変わらなかった。9月には、アドビ システムズの「Adobe Reader/Acrobat」と「Adobe Flash Player」に脆弱性が発見され、10位の「TROJ_PIDIEF」は9月8日にアドビ システムズより「CVE-2010-2883」として発表された「Adobe Reader/Acrobat」の脆弱性を狙ったものであった。不正なPDFファイルが添付、または不正なURLが本文に記載されたメールを受信したユーザが、ファイルやURLをクリックすると感染。その後複数の不正プログラムがダウンロードされ、中には情報漏えいにつながるバックドア活動を行うものが確認されている。

9月9日には、新種のマスメール型ワーム「WORM_MEYLME」が発見され、北米を中心に感染報告が相次いだ。手口としてはメールのURLをクリックさせて感染、同様のメールをアドレス帳に登録された宛先に自動で送るという旧来のものであった。9月の感染報告数ランキングは、1位が「WORM_DOWNAD(38件)」、2位が「JS_REDIR(22件)」、3位が「TROJ_FAKEAV」および「TROJ_OFICLA」(ともに12件)、5位が「MAL_HIFRM(11件)」となっている。

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20101004081928.html?Homeclick=news
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×