Adobe Readerなどにおけるリモートコード実行の脆弱性検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.10.26(火)

Adobe Readerなどにおけるリモートコード実行の脆弱性検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

NTTデータ・セキュリティ株式会社は10月1日、Adobe ReaderとAcrobatにおけるCoolType.dllのフォント解析コードに起因するバッファオーバーフローの脆弱性(CVE-2010-2883)に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、不正なSmart INdependent Glyplets(SING)テー

製品・サービス・業界動向 業界動向
NTTデータ・セキュリティ株式会社は10月1日、Adobe ReaderとAcrobatにおけるCoolType.dllのフォント解析コードに起因するバッファオーバーフローの脆弱性(CVE-2010-2883)に関する検証レポートを公開した。この脆弱性は、不正なSmart INdependent Glyplets(SING)テーブルを含むTIFフォントを解析することで、リモートから任意のコードを実行される可能性があるというもの。

同社では、Windows XP SP3上のAdobe Reader 9.3.4を検証ターゲットシステムとして、この脆弱性の再現性を検証した。検証は、ターゲットシステムにWebブラウザを通じて細工したPDFファイルをロードさせることで任意のコードを実行するというもので、今回の検証に用いたコードはターゲットシステム上から特定のサーバ、ポートへコネクションを確立させるよう誘導し、システムの制御を奪取するものであった。この結果、誘導先のコンピュータ(Deiban GNU/Linux 5.05)上にターゲットシステム(Windows XP)のプロンプトが表示されたことから、ターゲットシステムの制御の奪取が可能であることが検証された。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×