64bit版のLinux kernelにローカルからroot権限を奪われる脆弱性(SecurityFocusほか) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

64bit版のLinux kernelにローカルからroot権限を奪われる脆弱性(SecurityFocusほか)

製品・サービス・業界動向 業界動向

SecurityFocusをはじめとする複数のセキュリティ情報ベンダは9月15日、64bit版のLinux kernelにローカルからroot権限を奪われる脆弱性(CVE-2010-3081)が存在すると発表している。これは、「video4linux」IOCTLおよびIPマルチキャスト「getsockopt」が原因で権限を昇格されるというもの。RedHat Enterprise Linux Desktop 5 client、RedHat Enterprise Linux 5 server、Red Hat Fedora 13および12、Red Hat Enterprise Linux 5.4.z server、Linux kernel 2.6.33以前、Debian Linux 5.0などが影響を受ける。

各Linuxベンダは本脆弱性を解消するアップデートを提供しており、適用するよう呼びかけている。なお、本脆弱性のexploitコードも公開されており、このコードはバックドアを残すため、パッチ適用後も悪用される危険性があるとしている。また、Ptraceが原因の同様の脆弱性(CVE-2010-3301)も確認されている。

http://www.securityfocus.com/bid/43239
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×