SSLサーバ証明書サービスのライセンス体系を変更、複数サーバで利用可能(GMOグローバルサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

SSLサーバ証明書サービスのライセンス体系を変更、複数サーバで利用可能(GMOグローバルサイン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

GMOグローバルサイン株式会社は9月21日、同社のSSLサーバ証明書サービス「クイック認証SSL」「企業認証SSL」「EV SSL」において、1枚のSSLサーバ証明書を複数台のサーバにインストールできるよう、ライセンス体系を変更したと発表した。同サービスでは、これまで同時に稼働するサーバが複数台存在する場合には、サーバ台数分のSSLサーバ証明書を購入する必要があった。

同社は今回、ライセンス体系の見直しを行い、サーバ台数分が必要であったSSLサーバ証明書を、1コモンネームに対して1枚購入することで、複数サーバでもインストールして利用できるようにライセンス体系を変更した。なお、SSLサーバ証明書の価格に変更はない。これによりユーザは、複数サーバで構成されたWebサイトでもコストを抑えてSSLサーバ証明書を利用できる。また、同一ドメインによる複数コモンネームのサイトを運用する場合は、「ワイルドカードオプション」を組み合わせることで、1枚のSSLサーバ証明書でSSL暗号化を行うことが可能となる。

http://www.gmo-hs.com/news/press/globalsign/100921_1956.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×