Windows向けQuickTimeにコード実行などの脆弱性、アップデートを公開(アップル) | ScanNetSecurity
2021.05.07(金)

Windows向けQuickTimeにコード実行などの脆弱性、アップデートを公開(アップル)

アップルジャパン株式会社は9月15日(米国時間)、Windows向けの「QuickTime 7.6.8」およびセキュリティアップデートを発表した。このアップデートによって、QuickTime ActiveX controlが原因でアプリケーションが終了したりリモートからコードを実行される脆弱性(CVE-

製品・サービス・業界動向 業界動向
アップルジャパン株式会社は9月15日(米国時間)、Windows向けの「QuickTime 7.6.8」およびセキュリティアップデートを発表した。このアップデートによって、QuickTime ActiveX controlが原因でアプリケーションが終了したりリモートからコードを実行される脆弱性(CVE-2010-1818)、およびQuickTime Picture Viewerが原因でリモートからコードを実行される脆弱性(CVE-2010-1819)が修正されている。対象となるOSは、Windows 7、Vista、XP SP2以降となっている。

http://support.apple.com/kb/HT4339
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×