米Palo Alto Networks社の次世代ファイアウォールを販売開始(CTC) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

米Palo Alto Networks社の次世代ファイアウォールを販売開始(CTC)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は9月14日、米Palo Alto Networks社の次世代ファイアウォール「Palo Alto Networks PAシリーズ」を同日より販売開始したと発表した。本シリーズは、独自機能「App-ID」と呼ばれる特許出願中のテクノロジーによって、ポート、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は9月14日、米Palo Alto Networks社の次世代ファイアウォール「Palo Alto Networks PAシリーズ」を同日より販売開始したと発表した。本シリーズは、独自機能「App-ID」と呼ばれる特許出願中のテクノロジーによって、ポート、プロトコル、SSL暗号化、セキュリティ回避手法などの種類に関わらず、ネットワークを通過するアプリケーションのパフォーマンスを劣化することなく正確に識別することを可能にした。

また、ユーザやグループという単位でアプリケーションごとの利用制御が可能なほか、アプリケーションで利用されているコンテンツに対しても自動的にウイルス、スパイウェア、情報漏洩等の脅威をブロックするため、企業内で安全にかつ生産性を損なうことなく、クラウドを利用することが可能となる。CTCは、本製品をクラウドソリューションのポートフォリオに加えることで、さまざまなクラウドサービスに対応したセキュアで効率的なインフラシステムの設計から構築、運用まで含めたトータルソリューションを推進していくとしている。

http://www.ctc-g.co.jp/corporate/press/2010/0914a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×