Windowsヘルプセンターの脆弱性を攻撃する脅威が8月のトップに(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

Windowsヘルプセンターの脆弱性を攻撃する脅威が8月のトップに(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパン株式会社は9月7日、2010年8月度の「フォーティネットウイルス対処状況レポート」を発表した。2010年7月21日から8月20日までの同社「FortiGateネットワークセキュリティアプライアンス」と「インテリジェンスシステム」が検知した情報をもとに作

製品・サービス・業界動向 業界動向
フォーティネットジャパン株式会社は9月7日、2010年8月度の「フォーティネットウイルス対処状況レポート」を発表した。2010年7月21日から8月20日までの同社「FortiGateネットワークセキュリティアプライアンス」と「インテリジェンスシステム」が検知した情報をもとに作成された「脅威トップ10」では、Windowsヘルプセンターの脆弱性を攻撃する脅威が今回のトップとなった。この攻撃(CVE-2010-1885)は、「MS.Windows.Help.Center.Protocol.Malformed.Escape.Sequence」としてFortiGuard Labsで検出されている。標的とする脆弱性がWebブラウザ固有のものではないため、この攻撃はかえって有効性を高める恐れがあるとしている。

FortiGuard IPSが新たに追加した脆弱性の合計は114件で、この24.6%にあたる28件は活発な攻撃を受けたことが報告されている。最新マルウェアの変種トップ10では、ユーザのPCにあるアプリケーションやデータを「人質」にとって、元通りアクセスできるようにするための「身代金」を要求するマルウェアの変種の一種「TotalSecurityローダー(W32/FakeAlert.LU)」が最も多く検出された。また8月は、DIY(Do-It-Yourself)型のボットネット キット「ZBot」の活動も顕著であった。

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2010/pr090710.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×