Windowsのショートカットの脆弱性を狙う攻撃、USBメモリの新たな脅威に(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

Windowsのショートカットの脆弱性を狙う攻撃、USBメモリの新たな脅威に(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は9月6日、2010年8月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。レポートによると、8月の不正プログラム感染被害の総報告数は1,121件で、7月の1,618件から減少した。3位に急上昇した「LNK_STUXNET」は、7月中旬に明らかになった

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は9月6日、2010年8月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。レポートによると、8月の不正プログラム感染被害の総報告数は1,121件で、7月の1,618件から減少した。3位に急上昇した「LNK_STUXNET」は、7月中旬に明らかになったWindowsのショートカットの脆弱性を狙うもので、ショートカットのアイコンを表示しただけで任意のコードが実行される。これは、依然として流行の続く「MAL_OTORUN」に加え、USBメモリの新たな脅威になるとしている。

7位にランクインした「HTML_CLICKR」は、特定の不正なスクリプトが埋め込まれたHTMLファイルの検出名で、画像ファイルであるGIFファイルに不正なURLが追記されているものが確認されている。ブラウザがこのGIFファイルを読み込んだ際に、画像ファイル内のスクリプトが実行され不正なURLへアクセスさせられる可能性がある。8月の感染報告数ランキングは、1位が「WORM_DOWNAD(32件)」、2位が「TROJ_FAKEAV(25件)」、3位が「LNK_STUXNET(13件)」、4位が「MAL_OTORUN(12件)」、5位が「BKDR_AGENT(8件)」となっている。

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20100903092342.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×