平成22年上半期のサイバー犯罪、検挙件数は減少も詐欺や児童ポルノは増加(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

平成22年上半期のサイバー犯罪、検挙件数は減少も詐欺や児童ポルノは増加(警察庁)

警察庁は9月2日、「平成22年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について」を発表した。これによると、平成22年上半期のサイバー犯罪の検挙件数は2,585件で、前年同期比マイナス1,285件、マイナス33.2%と減少している。このうち不正アクセス禁止法違反は85件で、前年同期

製品・サービス・業界動向 業界動向
警察庁は9月2日、「平成22年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について」を発表した。これによると、平成22年上半期のサイバー犯罪の検挙件数は2,585件で、前年同期比マイナス1,285件、マイナス33.2%と減少している。このうち不正アクセス禁止法違反は85件で、前年同期比マイナス1,880件、マイナス95.7%となっている。減少の要因は、前年同期に犯行グループ(15人)による組織的なオークション詐欺事件における不正アクセス禁止法違反が1,813件にも及んだこととしている。

これに対し、コンピュータまたは電磁的記録を対象とした犯罪は56件(前年同期比+9件、+19.1%)、ネットワーク利用犯罪は2,444件(前年同期比+586件、+31.5%)と軒並み増加した。特にネットワーク利用詐欺、インターネットオークション利用詐欺、わいせつ物頒布等及び児童ポルノ事犯が前年同期比150件以上に増加している。また、平成22年上半期に都道府県警察の相談窓口で受理したサイバー犯罪等に関する相談件数は37,181件と前年同期比で6千件以上減少しているが、迷惑メールに関する相談は4,364件と前年同期比で1,021件の増加となっている。

http://www.npa.go.jp/cyber/statics/h22/pdf01-1.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×