新たな脆弱性の件数は前年同期比36%の増加、その半数以上が放置(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

新たな脆弱性の件数は前年同期比36%の増加、その半数以上が放置(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は8月26日、米IBMによる「2010年上半期X-Forceトレンド&リスク・レポート」の結果を発表した。本レポートは、同社X-Forceチームが作成したもの。2010年上半期に、X-Forceの研究開発チームが公表した新しい脆弱性は合計4,396件であり、前年同期比で36%増加している。また、そのうち55%は期末になってもベンダからパッチが提供されなかった。

レポートによると、最も報告件数の多い脅威は依然として「webアプリケーションの脆弱性」であり、公表された全脆弱性の半分以上を占めた。また、今後企業におけるセキュリティの焦点はクラウド・コンピューティングや仮想化になるとみなされていたにもかかわらず、JavaScriptやPDFに悪意あるコードを埋め込む、隠れた攻撃が複雑性を増している。一方、フィッシング詐欺の発生件数は2009年のピーク時に比べて82%と大幅に減少した。依然として金融機関が主要ターゲットとなっている。

http://www-06.ibm.com/jp/press/2010/08/2601.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×