動画共有サイト事業者向けに、不正投稿を自動的に検出するサービス(NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

動画共有サイト事業者向けに、不正投稿を自動的に検出するサービス(NTTデータ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社NTTデータは8月16日、自社サイト上に投稿されるファイルに含まれるメディアコンテンツ(音楽や映像など)を自動的に特定し、第三者が著作権を有するコンテンツの不正投稿を監視する動画共有サイト事業者向け「コンテンツ特定サービス」の提供を同日より開始したと発表した。本サービスは、NTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発したロバストメディア探索技術(RMS技術)を用い、動画共有サイト事業者向けにサイト上に投稿されるメディアコンテンツを自動検知するコンテンツ特定サービス。2009年10月より「ニコニコ動画」に対して試験運用として提供していたサービスを新たにサービス化した。

サイト上にファイルが投稿される際に内容を自動的に解析し、あらかじめデータベースに登録された楽曲や動画の特徴情報と照合することでファイルに含まれている著作物を特定するというもの。これにより、第三者が著作権を有するメディアコンテンツの不正投稿の有無を検知することが可能となる。また不正防止だけでなく、コンテンツ特定結果から視聴コンテンツに関連する商品情報や広告に連動させることにより、動画共有サイト事業者の新たなサービスの展開にも貢献するとしている。

http://www.nttdata.co.jp/release/2010/081600.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×