「WinMX」で違法音楽ファイルを公開していた男性に538万円の賠償金(RIAJ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

「WinMX」で違法音楽ファイルを公開していた男性に538万円の賠償金(RIAJ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

一般社団法人 日本レコード協会(RIAJ)は8月6日、東京地方裁判所が7月5日、ファイル共有ソフト「WinMX」を悪用して著作権侵害を行っていた大阪市在住の40歳代の男性(被告)に対し、原告の請求どおり被告に対し総額538万1,280円の損害賠償金および遅延損害金の支払いを命じる判決(欠席判決)を下したと発表した。

本訴訟は、被告が2008年11月から2009年3月までの4カ月の間、権利者の許諾を得ずに約150の音楽ファイル等をアップロードして著作権侵害を行っていたため、原告(同協会会員レコード会社4社)代理人弁護士が再発防止と損害賠償の協議を行うため、被告に対し再三呼び出しを行ったにもかかわらず、被告が明確な理由なく協議に応じなかったため、原告はやむを得ず民事訴訟を提起していたもの。なお、同協会会員レコード会社では、今回の被告以外にもファイル共有ソフトを悪用して音楽ファイルを権利者に無断で公開していた不正アップローダー18名との間で今後著作権侵害を行わない旨の誓約書の提出と損害賠償金の支払いにより和解を成立させている。

http://www.riaj.or.jp/release/2010/pr100806.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×