売上2800万円、公判中に海賊版販売を再開していた執行猶予中の男性を送致(ACCS) | ScanNetSecurity
2020.09.19(土)

売上2800万円、公判中に海賊版販売を再開していた執行猶予中の男性を送致(ACCS)

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の7月27日の発表によると、茨城県警生活環境課と古河署は7月26日、自らが開設したWebサイトを通じ、権利者に無断で複製したコンピュータソフトやゲームソフトを販売していた横浜市鶴見区の会社員男性(30歳)を著作権

製品・サービス・業界動向 業界動向
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の7月27日の発表によると、茨城県警生活環境課と古河署は7月26日、自らが開設したWebサイトを通じ、権利者に無断で複製したコンピュータソフトやゲームソフトを販売していた横浜市鶴見区の会社員男性(30歳)を著作権法違反の疑いで逮捕し、27日に水戸地検下妻支部へ送致した。男性は、2007年10月31日に同様の著作権侵害事件で北海道厚別署に逮捕されたが、保釈された後、公判中であった同年12月頃に海賊版の販売を再開していた。

公判中、男性は告訴していたマイクロソフト株式会社と株式会社ジャストシステムに対し、2008月1月25日付で二度と海賊版販売はしないなどという内容の謝罪文を提出しているが、その間にも海賊版販売を継続していた。男性は2008年3月7日、懲役1年6月(執行猶予3年)・罰金100万円の判決を言い渡されている。今回男性は、「TUNEMAC」という名称のWebサイトを立ち上げ、199種類の海賊版を販売していた。Macintosh用ソフトを中心とした品揃えや、「商品は全て白無地のCDまたはDVDとシリアルナンバーのみとなります。」などの注意事項を掲載するなど、以前と同様の方法で海賊版を販売していた。警察の調べによると、男性は約2年8カ月の間に約2,800万円を売り上げていたという。

http://www2.accsjp.or.jp/criminal/2010/1015.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×