不正アクセスにより「GAMECITY」に登録した顧客の個人情報が漏えい(コーエーテクモホールディングス) | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

不正アクセスにより「GAMECITY」に登録した顧客の個人情報が漏えい(コーエーテクモホールディングス)

コーエーテクモホールディングス株式会社は7月20日、同社が外部より不正アクセスを受け、同社グループが提供するエンターテインメント情報サイト「GAMECITY」において市民登録を行った顧客の一部個人情報が漏洩していたことを確認したと発表した。これは4月16日、「GAME

製品・サービス・業界動向
コーエーテクモホールディングス株式会社は7月20日、同社が外部より不正アクセスを受け、同社グループが提供するエンターテインメント情報サイト「GAMECITY」において市民登録を行った顧客の一部個人情報が漏洩していたことを確認したと発表した。これは4月16日、「GAMECITY」に外部からの不正アクセスを行おうとしている形跡を発見し、調査の結果3月25日から4月15日にかけて断続的にこの不正アクセスがなされていたことが発覚したというもの。さらに調査を進めた結果、2009年6月10日から同年6月19日においても同様の不正アクセスがあったことを確認したという。

漏洩した個人情報は、16名分のクレジットカード番号(氏名情報は漏洩していない)、1,807名分のメールアドレスおよび「GAMECITY市民パスワード」等の個人情報(氏名情報は漏洩していない)、8名分の電話番号および郵便番号等の個人情報(氏名情報は漏洩していない)。なお、この不正アクセスを防止するための措置は4月17日付で完了しており、また社内調査に並行して第三者機関による調査を実施、完了している。

http://www.koeitecmo.co.jp/php/pdf/news_20100720.pdf
《ScanNetSecurity》

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

    マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

  2. 漫画内容を無断配信していたネットカフェ経営者らが摘発された事件について概要を発表(ACCS)

    漫画内容を無断配信していたネットカフェ経営者らが摘発された事件について概要を発表(ACCS)

  3. 「iTrust 電子署名用証明書 USB トークンタイプ」ユーザーに認定タイムスタンプを無償付与

    「iTrust 電子署名用証明書 USB トークンタイプ」ユーザーに認定タイムスタンプを無償付与

  4. 非接触カードやスマートフォンで扉の施解錠が可能に(YKK AP)

  5. サイバーセキュリティ防衛技官募集、実務経験13年以上の31歳から58歳(防衛省)

  6. Proofpoint Blog 30回「DMARCを実装してPCI DSS v4.0要件に対応する」

  7. NTTドコモ「意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせ」機能を 7 月上旬から提供

  8. 文科省「デジタル人材育成推進協議会」初回議事録公開

  9. 支援金募集中! 1,500円で NetSecurityを応援しよう! 支援特典あり!

  10. 東証プライム上場企業、社員 200 名を GSX の認定サイバーセキュリティ技術者コース受講でプラスセキュリティ人材へとリスキリング

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×