ゆうちょ銀行がRSAセキュリティのトロイの木馬対策サービスを採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

ゆうちょ銀行がRSAセキュリティのトロイの木馬対策サービスを採用(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

RSAセキュリティ株式会社は7月22日、株式会社ゆうちょ銀行がインターネットバンキングサービス「ゆうちょダイレクト」利用者を「トロイの木馬」による金銭詐欺から保護するための対策として、「RSA FraudAction Anti-Trojan Serviceトロイの木馬対策サービス」を採用したと発表した。本サービスは、「トロイの木馬」の検知と不正サイトの閉鎖を行って犯罪行為を停止し、犯罪者に搾取されてしまったユーザIDやパスワード等の個人情報を回収して被害を最小に抑えるというもの。

ゆうちょ銀行では、2008年6月よりフィッシングサイトを閉鎖するフィッシング詐欺対策サービス「RSA FraudAction」を導入しており、2010年8月には不正ログイン対策の強化策として、リスクベース認証方式の「RSA Adaptive Authentication」の導入を予定している。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=11009
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×