米IBM、IPSの新製品向けのファームウェアを発表(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

米IBM、IPSの新製品向けのファームウェアを発表(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)によると、米IBMは7月22日、新しいセキュリティ・ネットワーク侵入防止システム(IPS)の新ファームウェアを発表した。このハードウェア・アプライアンスには、IBMセキュリティ・ソフトウェアがプリインストールされており、IBM X-Forceリサーチチームが低コストで、より高性能のネットワーク・セキュリティを実現できるようにしている。

また、IPSを管理する新しい統合プラットフォームからは、ネットワーク脅威を検知し阻止することができる自動Virtual Patchテクノロジー、クライアント側アプリケーション保護、データ・セキュリティ、Webアプリケーション保護およびアプリケーション制御など、さまざまなネットワークセキュリティ機能を管理することができる。これらの機能をひとつのプラットフォームに統合することで、企業が自社ネットワークをより簡単に管理し、保護することが可能となるという。

http://www-06.ibm.com/jp/press/2010/07/2201.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×