日本の保護者は、子どものオンライン行動を世界で最も把握していない(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

日本の保護者は、子どものオンライン行動を世界で最も把握していない(シマンテック)

シマンテック コーポレーションは7月8日、子どものオンライン利用に関する実態や保護者の認識・理解をまとめたグローバル調査結果「ノートン オンライン ファミリー レポート 2010」を発表した。この調査は、14カ国7,000名以上の大人と、8歳から17歳の子ども2,800名以上

製品・サービス・業界動向 業界動向
シマンテック コーポレーションは7月8日、子どものオンライン利用に関する実態や保護者の認識・理解をまとめたグローバル調査結果「ノートン オンライン ファミリー レポート 2010」を発表した。この調査は、14カ国7,000名以上の大人と、8歳から17歳の子ども2,800名以上を対象に実施したもの。レポートによると、「子どもがインターネット上で見ている内容を全く知らない」との回答が14カ国中で最も多く、子どもも21%が「自分がオンラインで何をしているか保護者はまったく知らない」と回答しているなど、日本の保護者の子どものオンライン行動への関心が、世界で最も低いことが明らかになっている。

また、日本の保護者は子どものインターネット利用に際して「家族のルール」を設けている率が最も低く、「ペアレンタル・コントロール」を設定している保護者の割合も他国よりも低かった。さらに、世界的には子どもがインターネットで好ましくない体験をしていると考える親は45%であるのに対し、日本では17%にとどまった。一方、実際に好ましくない体験をした子どもの割合は世界で62%だったが、日本では19%と世界で最も低い数値となっている。

http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/release/article.jsp?prid=20100708_01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×