オープンソースの侵入検知エンジン「Suricata」、正式版を公開(OISF) | ScanNetSecurity
2024.07.18(木)

オープンソースの侵入検知エンジン「Suricata」、正式版を公開(OISF)

非営利団体である「The Open Information Security Foundation(OISF)」は7月1日、同団体が提供するオープンソースの侵入検知・防止エンジンの正式版として「Suricata 1.0」をリリースしたと発表した。本エンジンはSnortルールセットを利用した侵入検知エンジンで、Win

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
非営利団体である「The Open Information Security Foundation(OISF)」は7月1日、同団体が提供するオープンソースの侵入検知・防止エンジンの正式版として「Suricata 1.0」をリリースしたと発表した。本エンジンはSnortルールセットを利用した侵入検知エンジンで、Windows、Mac、FreeBSD、UNIX、Windowsに対応する。マルチスレッドをサポートするほか自動プロトコル検出、GZIP解凍、独立したHTTPライブラリ、HTTPログおよびPostgreSQLログモジュールなどの機能を搭載している。

正式版では、CUDAの修正や性能強化が行われ、またパターン検索やuricontent検知も改善されている。さらに、タグキーワード、UDPにおけるDCERPCにも対応した。ライセンスはGPL v2となっており、同団体のサイトからダウンロードできる。

http://www.openinfosecfoundation.org/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×